福岡市認可障害者就労継続支援 株式会社マザーアース

就労継続支援A型事業所

ゆうゆう舎

就労継続支援B型事業

the LAMP (ザ・ランプ)

brig

頭の良い人

「頭のいい人」が絶対に言わないこと・ベスト1 「頭のいい人が絶対に言わないことがあります」 そう語るのは、SNSの総フォロワー数は300万人を超え、YouTube動画の月間再生数は3億回を超えるなど、日本中で大ブレイクを巻き起こした、ひろゆき氏。「シンプルな考え方を知れてラクになった」「目からウロコが落ちまくった」と話題を巻き起こした彼の著書『1%の努力』『99%はバイアス』では、「どうすれば影響力を持てるのか?」「口のうまい人がトクする世の中で、どう生きるべきか?」などをマジメに語っている。そんな彼に、この記事では、「考え方の考え方」について聞いてみた。(構成/種岡 健) 正解を求める脳  あなたは、「正解」が好きでしょうか。  脳は、正解を求めます。隠し事をされたり、モヤモヤが残ると、「気持ち悪い」という状態になるからです。  子どもになぞなぞを出してみてください。  きっと、正解を知りたがってしょうがなくなりますから。  そのように、私たちの頭は「スッキリしたい!」という欲望に忠実です。  しかし、それによって「頭が悪いことを認めてしまう」ということにもなるのです。 「頭のいい人」が言わないこと  世の中には、「まだ正解がわからないこと」で満ち溢れています。 「テレポートはできるの?」 「髪が生える薬はできるの?」 「宇宙人はいるの?」  これらの疑問に対して、「100%イエスだ」とも「0%だ。ありえない」とも言い切れないのです。 しかし、その状態では、脳は気持ち悪いままです。 「どっちか正解を教えてほしい!」という欲望には抗えないんですよね。  そして、頭のいい人は、「わからない」という言葉をよく口にします。  曖昧な疑問に対して、「100%言い切れる」と言い出すのは、決まって頭の悪い人です。 「スッキリしないこと」に耐えられる?  ということで、頭のいい人は「100%」や「0%」とは言わない。というより、言えないんですよね。 「不可能とは言い切れない」 「まだわからない」  という言い方をする人は、信頼してもいい人です。  逆に、「100%」を多用する人は、あなたを騙そうとする怪しい人である可能性が高い。  そのように、スッキリしない状態に、あなたは耐えられますかね?  もし耐えられないのなら、潔く頭の悪い人生を送るしかないのかもしれません。 (本稿は、『1%の努力』の著者・ひろゆき氏へのインタビューをもとに構成したものです。) 真実が、分からないのは辛い。 私は潔く頭の悪い人生を送りしかないのか? でも、構わない、人間だもの。