福岡市認可障害者就労継続支援 株式会社マザーアース

就労継続支援A型事業所

ゆうゆう舎

就労継続支援B型事業

the LAMP (ザ・ランプ)

brig

大谷翔平の子育てと大物アスリートの子育て

大谷翔平の両親が、我が子の前で「絶対にやらなかった」意外なこと 世界的アスリートの育て方とは? 大リーグのドジャースと10年間で約1000億円の契約を結んだ大谷翔平選手。日本はおろか、世界のスポーツ史上最高額を達成したその偉業は、歴史に刻まれたと言える。1000年に1人の逸材は、どのように生まれ育ったのか。ほかのアスリートの家庭と並べながら、大谷家の「子育ての秘密」に迫る。 頭ごなしに怒らない、否定しない メジャーリーグを震撼させた大谷翔平に限らず、’19年の全英オープンで優勝を果たした渋野日向子や、フィギュアスケートの「絶対王者」だった羽生結弦など、近年、世界のトップレベルで活躍する日本人アスリートが増えている。 ここぞという大舞台で本領を発揮できる彼らのメンタリティは、いかにして育まれたのか。 大谷ら多くの「超一流選手」の親を取材し、書籍『天才を作る親たちのルール』を著したスポーツライターの吉井妙子氏は、「両親たちの姿勢には共通点がある」と語る。 「それは、頭ごなしに怒らないこと、そして子供の考えを否定しないことでした。『なぜできないのか』『お前はダメだ』と言われた瞬間、子供は強烈なコンプレックスを植え付けられてしまう。その二つを『しない』ことが、子供たちの個性を大きく育てているのです」 〈(昔の親は)何をしてやろうかと考えた。けれどいまの親の愛情は『何をしないか』を考えなければならない〉 ’07年に亡くなった教育心理学者・河合隼雄氏は、著書の中で、いみじくもこう書き残している。 良い学校に合格するために塾に通わせる。音楽の素養を身につけるためにピアノを習わせる–。子育ては「足し算」の発想になりがちだ。 だが、「超一流」を育てた両親たちの振る舞いをつぶさに見ていくと、吉井氏が言うように、「何をするか」ではなく「何をしないか」に深く注意を払っていることがわかる。 そもそも、「やりたいことを楽しくやらせる」がモットーだった大谷の父・徹さんは、息子に「野球の練習をしろ」と注意することは一切なかった。 楽しく野球をやらせる…。それは、朝から晩まで父とバッティングセンターにこもっていたイチローのような、一昔前のプロ野球選手の成功譚とは一線を画する意識だ。 〈160kmを投げる〉 〈メジャーに行く〉 大谷は、幼い頃から大それた目標を、臆することなく口にしてきた。 この背景にも、「子供が思ったことを大人の顔色を窺わずに言えるように」と願う両親の深慮がある。 徹さんと母・加代子さんは、大谷が小さい頃に一つの誓いを立てた。 「親が喧嘩をすれば、居心地が悪くなり、顔色を窺うようになる。ご両親は家庭の雰囲気をいつも朗らかにして、子供たちが話したいことをなんでも話せる空気を作っていた。おかげで、大谷選手は反抗期もなく、中学2年生までお父さんとお風呂に入っていたそうです」(吉井氏) 練習の無理強いはせず、家庭は明るい雰囲気を保つ。これは、女子ゴルフの渋野の家も同じだった。 渋野の父・悟さんは、かつて本誌の取材にこう答えている。 「『練習行くか?』と聞いて、本人が気乗りしていない様子のときは、『じゃ、今日はやめとくか』と何もさせなかった。ケツを叩いて『練習に行け!』みたいに言ったことは、一度もありません」 ゴルフは、経験のある父親が子供のスイングの指導やコーチ選びにまで口を出すケースが多い。 だが、渋野家の場合、悟さんはコーチの指導に一切介入しなかった。 「指導者に習ったことと別のことを家で教えたら、子供はかならず混乱して、上達が遅くなってしまう。だから、子供が習ってきたことには一切口出しはしません」(悟さん) 大谷家をはじめ、超一流アスリートたち、さらには八冠を達成した藤井聡太の家庭には意外な共通点がたくさんある。<大谷翔平と藤井聡太の両親の子育て、実は「意外すぎる共通点」があった…!>で詳しくお伝えする。 『週刊現代』2021年12月11・18日号より うちは、喧嘩ばかり親はしていた。 でも、勉強しろとか、ピアノを練習しろ、とは、言わなかった。 各アスリートは、家庭が、和やかなこと、しろと、命令しなかったからこそ、伸び伸びと、育てられたのだと、思う。

12月15日