福岡市認可障害者就労継続支援 株式会社マザーアース

就労継続支援A型事業所

ゆうゆう舎

就労継続支援B型事業

the LAMP (ザ・ランプ)

brig

宝塚多々見直しへ

宝塚、26公演の中止を発表 過密スケジュール「前倒し」で見直し チケット販売済み公演を一部中止 宝塚歌劇団は15日、今年9月の劇団員急死を受け11月に公表した外部弁護士らによる調査報告書の提言に基づいた「過密な公演スケジュールの解消」、「新人公演の在り方の見直し」などの対応策を前倒しして実施すると発表した。来年1~3月の26公演を中止する。  対応策の概要は以下のとおり。  (1)過密な稽古スケジュールの改善を図るため、稽古と舞台稽古の日数の増加などを実施。それにより一部公演の初日を変更。  (2)宝塚大劇場と東京宝塚劇場公演の1週間あたりの公演回数を週10回から9回に変更。11月の対応策発表時は、「2024年後半の公演より」としていた。  (3)新人公演の在り方の見直しを図るため、24年1月~3月の新人公演は、東京宝塚劇場のみの上演とする。  改革案実施にともない、1~3月の公演日程を変更する。1月1日に開幕予定だった星組宝塚大劇場公演は、1月1日~3日と5日11時開演の公演を中止し、初日を1月5日15時30分公演に。1日2回公演がある日のうち、1月11日15時30分公演、1月18日15時30分公演、1月30日15時30分公演を中止し、1日1回公演とする。1月25日の新人公演を含め、10公演を中止する。  2月9日開幕予定だった花組宝塚大劇場公演は、2月9日と、10日11時の公演を中止し初日を2月10日15時30分公演に変更。2回公演日の一部と2月29日の新人公演を含め6公演を中止する。 東京宝塚劇場では、1月3日開幕の雪組公演のうち2回公演日の5公演を中止。2月23日開幕の星組公演も2回公演日のうち5公演を減らす。月組の梅田芸術劇場メインホール公演(1月17日~31日)、月組バウホール公演(1月24日~2月4日)は、公演日程に変更はない。  劇団は「チケットをお買い求めいただいているお客様には、公演を中止する回が生じることとなり、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます」とし、日程変更を発表した公演以外については、「今後、見直しの概要を踏まえた公演日程を順次発表させていただきますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます」とした。 やはり、宝塚歌劇団の過密スケジュールが、1人の乙女を死に追いやったのだろう。 過密スケジュールのみなおしには、賛成だ。 精神病になるかもしれないし、そうなったら、私のようにお嫁にいけなくなってしまう。 精神病は、恐ろしい。