福岡市認可障害者就労継続支援 株式会社マザーアース

就労継続支援A型事業所

ゆうゆう舎

就労継続支援B型事業

the LAMP (ザ・ランプ)

brig

ダイハツ不正

ダイハツ不正、6車種から拡大 国交省に報告、午後会見へ ダイハツ工業による新車の試験認証不正で、対象車種がこれまでの6車種からさらに拡大することが20日、分かった。同社は第三者委員会による調査結果を同日、国土交通省に報告する見通しで、午後には奥平総一郎社長が東京都内で記者会見し、詳細を説明する。  ダイハツは4月、親会社のトヨタ自動車ブランドを含む海外向け4車種について、側面衝突試験の認証申請を巡り不正があったと発表。さらに5月には、国内向けの小型SUV(スポーツ用多目的車)「ロッキー」のハイブリッド車(HV)と、トヨタにOEM(相手先ブランドによる生産)供給しているHV「ライズ」でも不正が判明し、生産・出荷を停止した。  弁護士らによる第三者委員会が不正行為の全容解明と原因の分析を進めていたが、調査は長期化。ダイハツとトヨタは10月中旬以降、国内向け2車種について、生産再開の見通しが立たないため顧客からの注文を順次取り消すなど、影響が広がっていた。