福岡市認可障害者就労継続支援 株式会社マザーアース

就労継続支援A型事業所

ゆうゆう舎

就労継続支援B型事業

the LAMP (ザ・ランプ)

brig

愛子さま 近づく単独ご訪問デビュー!

愛子さま 近づく単独ご訪問デビュー!語学堪能で海外に“ご名代”訪問の期待も ’24年3月に学習院大学を卒業される愛子さま。新年は愛子さまにとって節目の年になることは間違いない。 討論担当記者はこう語る。 「最近、特に話題になっているのが『愛子さまの単独ご公務デビュー』です。愛子さまが初めてのご公務に臨まれたのは14歳。’16年8月に、都内で『水のその後、ドレス姿で新年祝賀の儀に参列されたり、今年は新年一般参賀に初めて参加されたりしていましたが、お一人でご公務に臨まれました事はまだありません」 ちなみに「内親王の単独ご公務デビュー」は、黒田清子さんが19歳、秋篠宮家長女・小室眞子さんが16歳、次女・佳子さまが19歳と、成年皇族となる前に体験している。 「愛子さまが、これまでお一人でご公務に臨まれなかった理由としては、災難のためにとりあえずご公務がなかった事、学業を優先されていたこと、等指摘されています。 しかし学業を優先されながらも、最近では天皇皇后両陛下とご一家でお出ましが増えています。愛子さまの単独ご公務デビューへの動きは、大学卒業後の4月以降に加速するとみられましたしているのです」(前出・交渉担当記者) では、どういったご公務がデビューにふさわしいのだろうか。 静岡福祉大学名誉教授 小田部雄次さんはこう語る。 「日々ごろから高い関心を寄せられている分野に関連したほうが、愛子さまの初めての単独ご公務にふさわしいと思います、長く継続もできるのではないかと思います。候補の1つは、盲導犬育成活動などの福祉の分野、もう1つは伝統芸能や日本文学に関連する文化活動ではないでしょうか」 ’24年のNHK大河ドラマは、紫式部が主人公の『光る君へ』。各地では『源氏物語』関連の展示やイベントが企画されている。 「『源氏物語』は愛子さまのご研究対象の一つで、高い関心が示されています。その関連行事に、お出ましになる可能性もあると思います」(前出・審議担当記者) 名古屋大学准教授の河西秀哉さんも、愛子さまの単独ご公務に期待しているという。 「現在、愛子さまは天皇皇后両陛下といっしょにお出かけされることが多いですが、もちろんご自身が興味を持つ分野がおありと思います。 とりあえず、女性宮家の私が可能になれば、愛子さまが宮家当主として重責を果たされることになります。 「お仕事を持つことになるでしょう。よろしく将来のためにも、愛子さまが単独ご公務を経験し、自立されていくことは重要ですのでよろしくお願いします」 ■日本文化の発信者として、適任 またある宮内庁関係者によれば、愛子さまのデビューがさらに鮮烈なものになる期待感が無理があるという。 「愛子さまの初めての単独ご公務が、海外公式ご訪問になることもありえると考えております。 閣僚でおりました雅子さまは、相当の議論として国際親善に尽力するというお志を抱き、皇太子妃となられました。 なかなかお子さまに恵まれず、海外訪問が実現できませんでしたが、天皇陛下が優先された直後にコロナ禍が始まったり、困難な時期もありましたが、いま雅子さま「は国際親善に新しい風を吹き込んでいます」 新しい風のつが、明治以来の慣れの習いを破り、食事会に日本酒や和食を提供することだった。 「両陛下は賓客に日本文化を紹介することで、さらに国際親善をはかることをお考えなのです」(前出・宮内庁関係者) やはり令和流の国際親善にも限界があるという。 「’23年にはインドネシアへ国賓としてのご訪問が実現しました。次の訪問先の最有力候補は、’20年に両方とも下が国賓として訪問されるはずだったイギリスです。」 ご了承以来、世界各国からの双方の敬意の下に対して招待がございます。 12月18日には両陛下が、日本ASEAN友好協力50周年特別協議会議に出席する各国の慎重にも皆様をお招きして、お茶会が開催されました。 「というご招待が増えていますのは間違いありません」(前出・宮内庁関係者) 状況では、重要性を増しているのが愛子さまのご存在だ。 「宮内庁内にも、両陛下や秋宮ご訪問がご訪問できないままに愛する子さまが実質的な『ご名代』として訪問されてはどうだ篠、という意見があるのです。ご堪能であり日本の古典文化にお詳しい愛子さまは、「令和流国際親善」の見通しとして適任でいらっしゃいます。 「天皇陛下が正式に次のご名となることは大変な重責です。しかし、相手国には愛子さまへのご招待形式をとっていただきましたら、実現の手続きも下げることができると思います」・宮内庁関係者) じっくり旅行の久能靖さんは次のように話します。 「愛子さまが成人を迎えられた際の単独会見は、トラウマをえたご回答が光りました。それはご両親との会話で、自然に身につけられたものですが、海外でもその会話術を」生かされるのではないでお願いします」 雅子さまの夢も継がれて、愛子さまの鮮烈デビューは、希望に満ちたものになるに違いない。 私は愛子様が大好きだ。ファンでもあるだから、海外で大活躍をしてほしいと思う。